新サービスの”楽天カーシェア”は、期待できる?

楽天グループが、楽天カーシェアというサービスを開始しました。

オリックス自動車と提携したサービスということでしたので、単純にオリックスカーシェアを使ったほうが安いんじゃないの?と思ったのですが、料金体系などをチェックしてみたところ、単純にそういった話でもないようです。

今回はこの始まったばかりの楽天カーシェアの使い方についてまとめます。

楽天カーシェアとは

プレスリリースはこちらです。

まず、主要な内容を、プレスリリースのページから以下に引用します。

 楽天グループ株式会社(以下「楽天」)は、カーシェアリング事業者と提携し、ユーザーが目的や日程にあわせた車種やプランを選んで利用できるカーシェア予約サービス「楽天カーシェア」(以下「本サービス」)を本日から提供開始しました。一社目として、業界大手のカーシェアサービス「オリックスカーシェア」を運営するオリックス自動車株式会社(以下「オリックス自動車」)と提携し、楽天IDを利用し、本サービス上でオリックス自動車が保有する全国約1,700カ所(注1)のカーステーションの予約から決済までが可能となりました。

https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2022/0301_02.html

つまり、この楽天カーシェアのベースとなっているのは、現時点ではオリックスカーシェアです。

まずは、この楽天カーシェアのサービスのポイントをまとめます。

サービス概要

  • 全国に約1,700カ所の拠点をもつオリックスカーシェアの車が使える。
  • 柔軟な予約システムとお得な料金。
  • 楽天IDでサービスが利用でき、楽天ポイントが使える・貯まる。

オリックスカーシェアと提携したサービスだけに、料金体系はオリックスカーシェアと同じような形態になっています。

わたくし猫男は、ちょうど昨年末にオリックスカーシェアを使いはじめました。

それでは、そんなわたくしの視点から、楽天カーシェアとオリックスカーシェアの違いやメリットなどを確認していきます。

関連記事:カーシェアリングサービスをより効果的に使う

楽天カーシェアとオリックスカーシェアの違い

まずは、主要な点を表にしてみます。

楽天カーシェアオリックスカーシェア
拠点全国約1,700カ所(2021年3月時点)全国約1,700カ所(2021年3月時点)
料金オリックスカーシェアのAプランとBプランの中間(料金表
月額基本料:無料
個人Aプラン(料金表) 月額基本料:880円/月
個人Bプラン(料金表) 月額基本料:無料
スマホ・電子マネーカード専用のICカード
支払い方法クレジットカード・楽天ポイント・楽天キャッシュクレジットカード
予約方法楽天カーシェアのウェブサイト・アプリオリックスカーシェアのウェブサイト・アプリ

こうしてみると、結構大きな違いがあります。

料金に関しては、利用方法によって楽天カーシェア・オリックスカーシェアにそれぞれ一長一短があります。(次の項目でさらに解説します。)

しかし、専用の鍵が不要だったり、楽天ポイントが使えるなどの点で、利便性は楽天カーシェアが勝っていると言えそうです。

予約方法に関していうと、オリックスカーシェアの予約サイトは正直ちょっと使いづらいのですが、楽天カーシェアのサイトを少し触ってみる限り、楽天カーシェアのほうが使いやすい印象です。

ただ、今後最も大きな違いになっていくのは「拠点」かもしれません。

プレスリリースで言われているのは、「”一社目として”、オリックスカーシェアと提携した」ということです。

つまり、現段階では拠点数はオリックスカーシェアと全く同じですが、今後提携するサービスが増えて、楽天カーシェアで利用できる拠点が大きく増える可能性があるということです。

楽天カーシェアの料金

前述のとおり、楽天カーシェアの料金は、オリックスカーシェアのAプランとBプランの中間です。

ここでは、スタンダードクラスの車を12時間パックで借りた場合を例として比較してみます。

楽天カーシェアオリックスカーシェア(個人Aプラン)オリックスカーシェア(個人Bプラン)
月額基本料0円880円(ただし、880円分が利用料金から割引される)0円
時間料金6,480円5,800円8,400円
距離料金16円/1km16円/1km16円/1km

オリックスカーシェア(個人Aプラン)は、月額基本料が880円かかるものの、880円分がまるまる利用料金から割引されるため、月の利用時間が45分を超える場合には最も料金が安いです。

月額基本料が0円の楽天カーシェアとオリックスカーシェア(個人Bプラン)を比較した場合には、楽天カーシェアのほうが一目瞭然で安いです。(そのうえ100円で1ポイントの楽天ポイントが貯まる)

つまり、毎月必ずカーシェアを利用するのであれば、オリックスカーシェア(個人Aプラン)を使っておくのが無難。

ひと月に一度カーシェアを使うのかわからないぐらいの利用頻度であれば楽天カーシェアがお得、と言えるでしょう。

楽天カーシェアとオリックスカーシェアの使い分け

既にオリックスカーシェアを使っている人は、楽天カーシェアを使う意味は全くないんでしょうか?

逆に、今後楽天カーシェアを使う人は、オリックスカーシェアを使う意味は全くないんでしょうか?

この点に関しては両方を使い分けできると言えます。

オリックスカーシェアは、プランを毎月変更することができます。

その仕組みを考慮して、以下のように使い分けをすることが可能です。

楽天・オリックスのカーシェアの使い分け

  • オリックスカーシェアは普段は個人Bプランにしておく。
  • 翌月に車を利用する予定が決まっているときは、オリックスカーシェアの翌月のプランを個人Aプランに変更し、個人Aプランで車を利用する。(その翌月に車を使う見込みがない場合はまたプランを個人Bに戻す)
  • 個人Bプランの契約月に突発的に車を利用したくなったら、楽天カーシェアを使う。

楽天といえばポイントバックやキャンペーンが充実していますから、楽天カーシェアでのお得なキャンペーンも期待したいところです。

関連記事:楽天ポイントでよりお得にガソリンを入れるには

まとめ

楽天カーシェアは、現時点で突出して凄いサービスというわけではないのですが、よく見ていくと今後にかなり期待できるサービスと言えそうです。

一見、単なるオリックスカーシェアの二次販売サービスかな?と思えた楽天カーシェアですが、それにとどまらずに現時点でもオリックスカーシェアを上回っている点も多く、既存のオリックスカーシェア利用者であっても併用を検討できるサービスです。

また、タイムズカーをはじめとした、既存の複数のカーシェアの拠点も同様に使えるようであれば、相当便利になりそうです。それらがスマホ1個で全部使えることになるわけですからね。

これは完全な想像ですが、楽天は米国のライドシェアサービスのリフトにも出資していますから、将来的にはリフトとの提携などもあるかもしれません。

ということで、楽天カーシェアは近いうちに私も利用をはじめてみる予定です。

楽天に関する記事は以下もご参照いただけます。

関連記事:マリオットと楽天の提携はその後どうなった?

関連記事:ガラケーを楽天モバイルのiPhoneに変更してうけた苦情と対処

関連記事:楽天ペイと楽天ポイントの両方に対応している店舗での注意点

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA