不労所得・鈴のトラリピ設定を試してから16週間の状況

先週は、ついに自身初の、週間利益が1万円を突破した週になりました。

その前は2週間連続して1万円近い利益があがった後、ポジションを貯めこむ週が一旦入るという流れでしたが、早速この貯めこんだポジションが利益に変わることになりました。

今週も、トラリピの運用状況について共有いたします。

トラリピ開始後16週間の状況

現時点での、トラリピを開始してからこれまでの16週間のあいだに確定した総利益は56,141円です。

15週目時点での確定した総利益は 45,467円でしたから、ここ直近1週間の利益は10,694円です。

15週目は利益自体は2,278円と落ち込んでいましたが、決済自体は沢山発生して、ポジションが貯まっている状況でした。

16週目は、その増えたポジションが再び決済され、利益に繋がりました。

さらに、15週目には証拠金維持率改善のために投資資金を増やしていましたが、利益が沢山出て含み損も減ったため、結果的に証拠金維持率にも余裕がでることになりました。

ということから、総額投資資金140万円のままで、さらにトラリピ設定の追加も実施しました。

利益が確定していないポジションの、各通貨ペアの評価損益は以下のとおりです。

通貨ペア評価損益
ユーロ/円-75
ユーロ/英ポンド-4,217
豪ドル/円-346
豪ドル/NZドル92
NZドル/円-690
NZドル/米ドル–3,777
加ドル/円-8,450

全体的に評価損が減っているのですが、豪ドル/NZドルの改善が目覚ましいです。

この1週間で変更を加えたこと

16週目は、以下のとおり豪ドル/NZドルの通貨ペアの設定追加を実施しました。

14週目に通貨ペアを追加しているので、本来はもう少し様子を見るつもりでした。

しかし、16週目に思った以上に利益が上がって投資資金に余裕がでたため、方針を変更しました。

  • AUD/NZDの通貨ペアの設定をもう1つ追加

今回は、 AUD/NZDの通貨ペア組み合わせで、以下の設定3を追加しました。

私のトラリピ設定は、【鈴と一緒に運用しよう】30代から受け取れる自分年金の作り方で説明されている内容が基本となっています。

しかし、実際に自分で運用をしてみてトラリピに関する理解が深まってきたことから、よりレバレッジをかけた設定にアレンジしています。

現時点での主な設定の違いは以下の3点です。

  • 必要資金が180万円とされているAUD/JPYまでの設定を140万円の資金で運用している。
  • AUD/NZDに関しては、レンジを狭くして本数を18本から40本に増やしている。
  • AUD/NZDに関しては、さらにレンジをずらした同様の設定を合計3つ設定している。

私のAUD/NZDの通貨ペアの設定は、表にすると以下です。関連記事:ブラック企業早期脱出仕様のトラリピ設定を目指す

設定1

通貨ペア
取引
単位
仕掛ける
レンジ
トラップ値幅
(本数)
利益値幅
豪ドル/NZドル1,0001.0100ドル~1.06967ドル0.00153ドル
(40本)
0.007ドル
豪ドル/NZドル1,0001.07033ドル~1.1300ドル0.00153ドル
(40本)
0.007ドル

設定2

通貨ペア
取引
単位
仕掛ける
レンジ
トラップ値幅
(本数)
利益値幅
豪ドル/NZドル1,0001.0130ドル~1.07267ドル0.00153ドル
(40本)
0.007ドル
豪ドル/NZドル1,0001.07333ドル~1.1330ドル0.00153ドル
(40本)
0.007ドル

設定3

通貨ペア
取引
単位
仕掛ける
レンジ
トラップ値幅
(本数)
利益値幅
豪ドル/NZドル1,0001.0150ドル~1.07467ドル0.00153ドル
(40本)
0.007ドル
豪ドル/NZドル1,0001.07533ドル~1.1350ドル0.00153ドル
(40本)
0.007ドル

AUD/NZD通貨ペアへの設定追加を行った理由

以前の記事にも書いているのですが、以下の理由によってもともとAUD/NZDの通貨ペアをより攻めの設定にしています。

  • AUD/NZDは最も為替が安定的に上下しており、(現時点では)もっともトラリピに適している組み合わせだと体感した。
  • デフォルト設定だと他の通貨ペアに比べて必要資金が少なくて済むが、その分、1決済あたりの利益も少ない。
  • そのため、AUD/NZDでもっと利益を上げるようにしないともったいない。

前回”設定2”を追加しても、まだまだあがってくる利益としては他の通貨ペアに比べて沢山利益が上がっているといいがたいと感じました。

それでいて証拠金維持率も改善したので、さらにAUD/NZDで攻めようと考えたのが、今回設定3を追加した理由です。

今後の方向性

設定追加をしたあとは様子を見るというのが基本姿勢なので、基本的にはまたしばらく様子を見ます。

・証拠金維持率が1,000%を切ったら資金追加

・そのうえで証拠金維持率に余裕がでてきたら、トラリピ設定の追加を検討

で進める予定です。

マネースクエア

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA