「最大定価の70%オフ」+「最大55%ポイント還元」で電子書籍を買う

過去にも何度かご紹介しているのですが、電子書籍ではこのところeBookJapanがお得すぎて目が離せません。

現在eBookJapanでは、「最大定価の70%オフ」+「最大55%ポイント還元」と驚愕の内容で本が購入できます。

もちろん本によってお得度の程度の差はありますが、総合的に見てもお買い得な時期であることは間違いないでしょう。

そこで、現在eBookJapanでお得に電子書籍を購入する方法をご紹介します。

Kindleでチェックして、eBookJapanで買う

現在eBookJapanでは「年末年始 圧倒的お得キャンペーン」を実施しており、常時開催の「金曜日のキャンペーン」と組み合わせることで、最大55%のポイント還元が得られます。

もちろん最大のポイント還元を得られるのは、条件にあてはまる限定的なユーザーになりますが、一般的なユーザーであっても十分お得です。

たとえば、Yahoo!プレミアム会員がキャンペーン期間の金曜日に購入すれば40%還元です。40%のポイント還元って相当高いですよね。

しかし、40%ポイント還元だけじゃないんです!

「最大定価の70%オフ」の価格で購入し、そこに対して「最大55%ポイント還元」を得ることが可能です。

もちろん全部の本がそうなるわけではありませんが、かなり沢山の本をこの方法で購入することができます。

その方法とは以下です。

Kindleでチェックして、EbookJapanで買う

  1. eBookJapanのこちらのページからキャンペーン登録 ※ 「年末年始 圧倒的お得キャンペーン」 「金曜日のキャンペーン」 両方にエントリー
  2. 最大70%OFF Kindle本 クリスマスセール」で本をチェック
  3. 欲しい本があったら、その本をeBookJapanで検索し、価格をチェック。
  4. eBookJapanでの販売価格がKindleのセール価格と同等なら、eBookJapanでその本をPayPayで購入する。 ※PayPay以外だと還元率が下がります

これは、「同一の本が」「同時期に」「複数の電子書籍サービスのサイトで」「キャンペーン価格で販売される」特性を利用したものです。

もちろん、全部の本、全部のキャンペーンがそうとは限りませんが、該当する本はかなり多いので、購入前に必ず複数の電子書籍サービスでチェックをするべきです。

価格・ポイント差の事例

例1

書籍名:福島第一原発事故の「真実」

Kindle版: 2,310円 (23ポイント)

eBookJapan版:2,310円(PayPayボーナス:900円相当 + Tポイント:23pt)

本の価格はどちらもキャンペーン価格となっており同一です。

しかし、ポイント還元に圧倒的な差があります。

※eBookJapanのポイント還元は条件によって異なります。上記は「既存eBookJapanユーザー」「ソフトバンク/ワイモバイルユーザー”ではない”」「Yahoo!プレミアム会員」である場合の実例です。

※参考までに、Kobo版ではこの本が40%オフクーポンの対象になっており、クーポン適用で価格1,980円(ポイントが各個人の条件によって変わりますが10%前後で200円程度。)でした。Kindleよりかなりお得ですが、eBookJapanがさらにその上をいきました。

例2

書籍名:奪われざるもの SONY「リストラ部屋」で見た夢

Kindle版:440円(4ポイント)

eBookJapan版: 440円(PayPayボーナス:171円相当 + Tポイント:4pt)

こちらも同様に、価格は同じなのにポイント還元に圧倒的な差があります。

ただし、注意が必要なのは、本によってはKindleのみセール価格になっているものがある点です。

例えば、中国「黒社会」の掟 チャイナマフィアという本は、Kindle本クリスマスセール対象で、Kindleでは価格が460円ですが、eBookJapanでは定価の921円です。

こういった場合はすなおにKindle版を購入したほうがお得です。

ですから、最終的な価格のチェックは絶対に必要です。

まとめ

”最大70%OFF Kindle本 クリスマスセール”のような現在開催されているキャンペーンに限定した話ではなく、電子書籍を購入する際も、一般的な買い物と同様に、価格調査をするべきと言えるでしょう。

従来は、Kindleでチェックして、Koboで買う、が安定的にお得だったのですが、このところeBookJapanがかなり頑張っているので選択肢が増えていますね。

参考までに、わたくし猫男の電子書籍の買い方をご紹介しますと、以下のようになっています。

  • Kindleでセール本を確認。読みたい本があったらeBookJapanとKoboで検索し価格調査。価格・ポイント還元あわせて総合的に一番安いところで買う。
  • 新刊やセール品以外の本は「Koboでクーポンを使ったまとめ買い」が基本。またはポイントキャンペーンを実施中であればeBookJapanで買う。
  • Kindleでしか売っていないすぐに読みたい本は、定価であってもKindleで買う。(私がこれまで利用してきた限り、Kindleにあって他社で売っていない本はあっても、逆のパターンは見ません)

電子書籍のサービスは他にも沢山あるのですが、私の場合はいまのところ、基本であるKindleに加えて、ポイントと親和性の高いKoboとeBookJapanの合計3つを利用し、最もお得なところから本を購入しています。

お得に電子書籍を購入し、年末年始を読書で過ごすのもよいかもしれませんね。

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA