ブラック職場は突然やってくる

ブラック企業という言葉もすっかり定着し、いまやブラック企業大賞が毎年開催される始末の日本です。幸い私はそういった賞を受賞するような企業では働いたことがありませんが、十分ブラック企業の定義にあてはまる環境で働くはめになったことがあります。会社組織とはある日突然変化することもありますし、加えてやばい上司がやってくることもあります。今が平和でもいつブラック化するかわかりません。私の場合は、結構楽しく仕事ができていた矢先に組織変更で仕事内容が激変したり、話のまったく通じない上司がやってきたりで一気にブラック化し、結局そのたびに転職することになりました。この場合、ブラック企業というよりブラック職場と言うのが適切なのかなとも思っています。そんなわけで、私の経験を書いておくことで同じ悩みをもつ人の参考になればと思っています。

突然やってくるブラック職場から脱出するには

最初にこんなことを書くと元も子もないですが、私の過去2回の経験では、ブラック職場から脱出するには職場を変えるしかありません。どちらもブラック化してから2年は頑張ってみたのですが、無理でした。なぜなら、まず前提として会社組織では権力のあるものが当たり前ですが強いです。そしてその権力ある上司が問題のある人であった場合、建設的な話がそもそもできませんので話し合いなどで解決することは無理です。さらに会社は強いものの味方ですから、その上司に有利に働きます。会社にパワハラに関する窓口があったとしてもその権利の行使はかなりハードルが高く、リスクも伴います。私も利用を考えいろいろ準備もしましたが、行使するまえに会社を去ることになりました。これはやばいかも?と思い始めたら、変に抵抗して消耗するよりも、早めに仕事を探し始めるのがよいと考えます。まったく別の会社の他、グループ会社などに異動できる仕組みがあるのであればそれを利用するのもよいかと。

このブログでは、私の過去のブラック職場にまつわる経験を少しづつ書いていきたいと考えています。また、ブラック企業での勤務経験を経た私個人の考えとしては、給料をいただいている以上それに答えるだけの働き方はするものの、必要以上の自分の時間を会社に捧げるつもりがもうないので、ワークライフバランスを重視しつつ、給料アップ以外の面から生活を少しよくする工夫なども書いていければと思います。

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA