楽天モバイルは実際使ってみると広告以上に安い件

楽天モバイルといえば、データをどれだけ使っても月額2,980円(税込)!という印象が強くないでしょうか?

加えて、Rakuten Linkアプリで通話をすれば、通話料も発生しません。

データ使い放題、電話かけ放題で月額2,980円(税込)です。

楽天モバイルのサイト上でも、「楽天回線エリアはどれだけ使っても最大2,980円/月」と大きく掲示されています。

十分安いですね。

しかし、私が実際使ってみたら、月額980円(税抜)で済んでしまったのです。

楽天モバイルの基本的な料金体系

まずはじめに、楽天モバイルの料金体系がどうなっているかを理解します。

携帯電話の料金体系は一般的にかなり複雑ですが、楽天モバイルの料金体系は非常にシンプルです。

楽天モバイルの月額料金

プランは、「Rakuten UN-LIMIU VI」のひとつだけです。

その月に利用したデータ量によって、以下のように自動的に料金が決まります。

データ1GBまで:0円/月

データ3GBまで:980円/月

データ20GBまで:1,980円/月

データ無制限:2,980円/月

※いずれも税抜き価格

※プラン変更によって0円の料金形態はなくなりました。関連記事は「楽天モバイルの新プランが不評な意味がわからない」です。

電話に関しては、Rakuten Linkというアプリを利用することで、無料通話が可能です。

※通話料金は発生しませんが、Rakuten Linkで通話するとデータ量が消費される点には注意が必要です。

データは20Gを超えたらあとは無制限ですから、基本的にはどれだけ使っても最大で2,980円(税抜)で済んでしまうということです。

競合他社の事例

楽天モバイルの対抗馬としては、ドコモが打ち出したahamoというプランがあげられます。

ahamoの月額料金

データ20Gまで:2,700円/月

※税抜き価格

20Gを超過すると、データ通信の速度が1Mbpsに制限されます。

通話に関しては、国内通話が5分まで無料です。

また、海外ローミングが20Gまで無料です。

この料金でドコモの長年の実績ある携帯電話網を利用できるのはなかなか魅力的ですが、20Gというデータ量で比較すると楽天モバイルより割高です。

さらに、料金が2,700円固定なので、それ以上安く利用することは不可能です。

海外によく行かれる方は、海外ローミング20G無料というところはポイントが高いですね。

しかし、頻繁に海外で携帯電話を利用する機会のある方は、はたしてどれだけいるでしょうか?

楽天モバイルは月額980円(税抜)で済む?

わたくし猫男は、キャンペーンで1年間、楽天モバイルを無料で利用し、2022年3月から有料課金が開始されたところです。

前述のとおり、段階的に料金が上がっていくプランですから、データ量が少なければ少ないほど料金も勝手に安くなります。

前面に出されている2,980円はあくまでデータ量無制限の最大金額ですから、実際にはもっと安い金額で済む方も多いのです。

わたしが実際に使ってみた事例を出しますと、意図的に節約して利用したつもりはほとんどないのですが、3月30日時点で、3月の月間データ使用量が2.5G程度です。

つまり、3月は間違いなく3G以内のデータ利用におさまり、支払うのは980円(税抜)(=1,078円(税込))です。

では、実際にどんな使い方でこのデータ量に収まっているのでしょうか。

980円(税抜)で収まっている楽天モバイルの利用事例

  • 自宅で仕事をしており、平日はほとんど外出しない。
  • 自宅ではWi-Fi経由でスマホを利用。
  • Rakuten Linkで通話をすることがあっても、ほぼ自宅でWi-Fi経由で通話。
  • 外出先でもauのWi-Fiのアクセスポイントを利用する場合がある。※auスマートパスプレミアムに加入しているため
  • 外出したときのスマホの用途は「ブラウジング」「QRコード決済や電子マネーアプリの利用」「お店のアプリの利用」「電子書籍を読む(本のダウンロードはWi-Fiで実施)」「ゲーム(Ingressのみ)」など。

だいたいこれに近いスマホの利用形態であれば、電話かけ放題で毎月980円(税抜)で済んでしまうと考えてよいでしょう。

私の場合、Ingressというゲームをやっていなければ、データ利用が1G以内に収まって0円で済んでしまう月もでてきそうです。

また、外でストリーミング動画を見まくったりしない限り、20G以上データを使うなどということもそうあることではありません。

ですから、かなり使ったとしても、20Gに収まれば1,980円(税抜)の料金です。

多くの人は2,980円(税抜)の月額利用料を払うことはないと言っても過言ではないのではないでしょうか?



まとめ

楽天モバイルは使い放題で月額2,980円で安い!!というイメージが強いのですが、実際に使うとそれよりももっと安く済む可能性が十分あると言えます。

実際、わたしの使い方では、通話し放題で月額980円(税抜)!!となっています。

という観点から、あらためて楽天モバイルへの切り替えを考えてみるのもよいのではないでしょうか。

関連記事:田舎に住んでいる人はドコモ一択。はいまもそうなのか?

関連記事:楽天モバイルと楽天モバイル公式 楽天市場店の違い

また、なにげにauスマートパスプレミアムというサービスは、月額499円[税込548円]でWi-Fiスポットが利用でき、クーポンやmenuでのポイントバックもかなりお得です。

auが提供しているサービスですが、auユーザー以外も利用できます。

Wi-Fiスポット利用によってデータ利用量も抑えられますし、楽天モバイルとあわせて利用するのもお勧めです。

私は実際に併用しています。

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA