不労所得・鈴のトラリピ設定を試してから20週間の状況

2022年も淡々とトラリピ運用を続けています。

続けているというか、勝手に動かしていますという状況であり楽なものですが、着実にお小遣いが入ってきています。

今週も、トラリピの運用状況について共有いたします。

トラリピ開始後20週間の状況

現時点での、トラリピを開始してからこれまでの20週間のあいだに確定した総利益は81,364円です。

19週目時点での確定した総利益は 76,762円でしたから、ここ直近1週間の利益は4,602円です。

全体的に前週同様の動きで、利益となる決済とポジションが増える決済が毎日少しづつありました。

週の利益も同じようなぐらいで、5千円に少し届かずといったところです。

利益が確定していないポジションの、各通貨ペアの評価損益は以下のとおりです。

通貨ペア評価損益
ユーロ/円-5,728
ユーロ/英ポンド685
豪ドル/円-4,327
豪ドル/米ドル-591
豪ドル/NZドル-4,062
NZドル/円-3,678
NZドル/米ドル–4,983
加ドル/円-877

また、証拠金維持率:1,133% 実質レバレッジ:2.21倍となり、この部分は前週と同等の水準でした。

この1週間で変更を加えたこと

前週にそこそこ大きな変更を加えたことから、引き続き様子見をしています。

証拠金にも設定にも変化がありません。

私の場合のざっくりとした設定追加のルールは以下でしたので、現在はまだ様子見フェーズです。

  • 通貨ペアの設定追加をして、決済や証拠金維持率などを様子見。
  • 証拠金維持率が1,000%を切ってきたら預託証拠金を追加。
  • 様子を見て安定してきたらまた通貨ペアの設定を追加。あとは繰り返し。

このやり方を繰り返していき、利益を増やしていきます。

関連記事:不労所得・2021年のトラリピによる利益のまとめ

今後の方向性

年末年始はあまり相場の動きが激しくなかったこともありますが、証拠金維持率には少し余裕があるので、近いうちに通貨ペアの設定を増やそうと考えています。

また、現在は既に豪ドル/NZドルのみ突出して多く売買の設定をしているので、それ以外の通貨ペアを選択する予定です。

各通貨ペアともに悪くない動きをしているので迷うところですが、鈴と一緒に運用しよう】30代から受け取れる自分年金の作り方で最初の通貨ペアとされている、CAD/JPYにしておこうかなと、今のところ思っています。

実際のところ、 私もCAD/JPYの通貨ペアは早い段階から運用してきましたが、結構頻繁に決済が発生して利益に繋がっていたというのも理由のひとつです。

関連記事:ブラック企業早期脱出仕様のトラリピ設定を目指す

マネースクエア

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA