カーシェアリングサービスをより効果的に使う

都市部に住んでいると、車を自分で所有する必要性があまりありません。

必要性以前に、維持費が高すぎて、普通の人は費用に見合うだけのメリットは得られないのではないかと思います。

公共交通機関も発達していますからね。

とはいえ、たまには車も使いたいというときに役立つのがカーシェアリングサービスです。

東京都内在住の私自身もカーシェアリングサービスは利用しているのですが、何事も定期的な利用の見直しが肝要です。

そこで今回は、カーシェアリングサービスの利用を見直して、よりお得に活用することを考えてみます。

カーシェア VS レンタカー

自分で車を所有せずに車を使いたいと考えた場合、これまでの歴史から言って、真っ先に思い当たるのはレンタカーではないでしょうか。

レンタカーは使ったことがあるけど、カーシェアは使ったことがない、という方もまだまだ多いと思われます。

どちらも利用しているわたくし猫男の評価は以下のとおりです。

評価理由
車の借りやすさカーシェア店舗に出向く必要がなく、オンラインで予約し、駐車場で車を借りることのできるカーシェアのほうが、圧倒的に簡単に車を借りることができます。
拠点の多さカーシェア カーシェアは店舗ではなく各地の駐車場に車がありますから、拠点としてはカーシェアのほうが基本的に多いです。ただしこれは利用するサービスにもよるところがあり、後述します。
価格同等「短時間利用か長時間利用か」「短距離利用か長距離利用か」などの使い方にもよりますが、総合的考えるとどちらかが突出して安いとも言い難いです。
ひとつ間違いなく言えるのは、ちょっと買い物に使うなどの短時間利用の場合はカーシェアが有利です。
安心度レンタカーカーシェアは、利用のたびに点検されるわけではないので、車の状態は利用者のモラルによって保たれる部分が一定量あります。
それに対して、レンタカーは必ず返却と利用の間に店舗の人の確認が入りますから、レンタカーのほうが安心と言えます。

旅行で使うなら空港でレンタカーを借りるという選択で問題ないですが、日常生活で使うにはカーシェアが便利ですね。

また、カーシェアの会員になっておくと、旅先でちょっとだけ車が使いたいというときにもすぐに利用できるから便利です。

カーシェアの3大サービス

カーシェアリングのサービスを提供している会社は沢山あります。

メジャーどころは、オリックスカーシェア・タイムズカー・カレコの3社といえます。

Google mapでカーシェアと検索すると、この3つのサービスの拠点が出てきます。

オリックスカーシェアタイムズカーカレコ
月額基本料880円 / 無料 (プランによって異なる)880円980円 / 無料 (プランによって異なる)
プラン切り替え毎月切り替え可能有料プランのみ1年縛りの条件あり
拠点の数
最大時間料金ありありあり

それぞれ微妙にサービス内容が異なりますが考え方としては以下になると思います。

カーシェアのサービス選択の基準

  • 毎月カーシェアを利用する方は、タイムズカー
  • カーシェアを全く使わない月もある人はオリックスかカレコ

わたくし猫男は、そんなに頻繁に車を利用するわけでもないので、オリックスカーシェアを利用しています。

自宅の近所にあるのがタイムズカーで、その他の拠点も圧倒的に多いことから、当初はタイムズカーを使いたいと考えていました。

しかし、料金形態を見ると、タイムズカーは基本料金が毎月発生し、私の利用形態ではコストパフォーマンスがよくないことがわかりました。

そこで、オリックスとカレコを検討した際に、オリックスのほうが月額基本料有りのプランと無料プランを毎月切り替えできることがわかり、結果オリックスカーシェアを利用するに至っています。

自宅の近所にどのサービスの拠点があるかを確認のうえ、各個人の利用形態に合わせて利用するサービスを決めるとよいでしょう。

アース・カー(earthcar)が激安

既にカーシェアを利用されている方でも、なんとなく月額基本料金を払い続けている場合もあると思います。そういった場合にもあらためて現状にあわせた検討が必要です。

電気料金や携帯電話料金などもそうですが、定期的な見直しが、出費を削減するためには必須事項です。

そこで私もカーシェアのサービスについてあらためて検討したところ、利用に加えることになったサービスがあります。

そのサービスはアース・カーです。

アース・カーの特徴

  • 初期費用・月額利用料が完全無料
  • 利用料金が安い
  • 拠点(車を借りられる場所)が少ない

アース・カーの特徴はこの3つと考えています。

ひとつひとつ見ていきましょう。

初期費用・月額利用料が完全無料

キャンペーンだから無料というわけでもなく、プラン変更・選択が必要なわけでもありません。

シンプルに初期費用も月額利用料も発生しないので、わかりやすいです。

利用料金が安い

時間料金が1,000円~/6時間となっていて、上記の3メジャーサービスと比べても圧倒的に安いです。

他のサービスで6時間利用すると、4,000円ぐらいは必要になってきます。

拠点(車を借りられる場所)が少ない

最大の問題はこれです。 アース・カーのサイトから借りられる場所を検索できますが、まだまだ少ないです。

わたし自身の環境でも、まあまあ歩いた先に1か所だけ使える拠点があるという状況でした。

借りられる場所が少ないのが問題ですが、その他の面ではかなり突出しているサービスといえるでしょう。

NSXやベンツなどの、普段乗ることのないような車も、結構安い価格で借りられるようです。

”○○の車に安く乗りたい!”という目的がある人にとっては、電車などを乗り継いで借りられるポイントまで行くのもひとつの方法ですから、たまには高級車などに乗ってみたいという人にもよいですね。ちなみにキャンピングカーもあります。

まとめ

カーシェアを日常使いするには、「オリックス」「タイムズ」「カレコ」のいずれかから、自身の利用形態に最も合うサービスを選んでおけばまず間違いないと思います。

アース・カーは、利用できる拠点が少なすぎるので、メインとしては使えませんが、”固定費が発生しない” ”利用料金が安い” ”面白い車のラインナップもある”ということから、サブの位置づけで利用するにはよいサービスですね。

私もこのたびアース・カーを利用することにしたので、今後使用感なども記事にできればと思っています。

また、今後利用拠点がもっと増えて、サブ利用からメインに昇格できるぐらいに便利になることも期待したいです。

関連記事:電気の契約を定期的に見直すだけで大きな特典を得る

関連記事:楽天モバイルをMVNOからMNOに切り替えた使用感

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA