鈴のトラリピ設定を試してから10週間の状況

不労収入を生み出すための資産運用のひとつとして採用しているトラリピですが、定期的にやってくるブラック企業の波は待ってはくれませんので、より攻めの設定を取り入れていくことにしました。

その内容については、ブラック企業早期脱出仕様のトラリピ設定を目指すの記事にまとめていますが、その変更もありつつ、わたくし猫男のトラリピ運用がどのようになっているか、10週間目の状況を共有したいと思います。トラリピ開始後10週間の状況を共有いたします。

トラリピ開始後10週間の状況

現時点での、トラリピを開始してから10週間で確定した総利益は18,058円です。

9週目の確定した総利益は 14,217 円でしたから、この1週間の利益は3,841円です。

その前の週が784円の利益でしたから、大幅に増えました。

利益が確定していない分の評価損益は以下のとおりです。

通貨ペア評価損益
ユーロ/円-3,252
ユーロ/英ポンド-622
豪ドル/NZドル-3,589
NZドル/円-15,449
NZドル/米ドル–1,184
加ドル/円-359

適度に売り買いがされているので、含み損自体は前週とそれほど変わりません。

引き続き、この含み損は将来の利益の種がまた増えていると言える状況ですから、相場が動いていて好ましいと言えるでしょう。

少し気になる点は、含み損がNZドル/円に対して少し寄っているぐらいでしょうか。

今後の方向性

ちょうど昨日、衆議院選挙が終わりました。

マネースクエアでは衆院選に伴う相場変動に関する注意喚起についてというお知らせを掲載しておりますが、個人的にはこれは複数の通貨ペアの為替に大きく影響はないだろうと考えていますので、設定と運用資金はこのまま継続の予定です。

また、5,000円近くの利益を生み出す週もでてきましたので、当面は安定的に毎週5,000円の利益を生み出せるようにするのを目標にします。

イメージとしては、週に1回に飲みにいくための費用をトラリピで自動捻出です。

マネースクエア ポケトラアプリ用

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA