SPGアメックスの引き止めは解約以外でも存在する

このごろは急激な円安でもちきりの2022年ですが、今年はSPGアメックスカードの大改悪があったことも忘れてはいけません。

この改悪により、解約を検討されている方も多いこのSPGアメックスカード、”引き止め”を活用をしてカードの延命を図ることができます。

カード解約をしようとすると引き止めされる?

ネット上で良く見かける情報は、”解約のために電話をすると、解約引き止めの提案をされる”というものです。

過去には3万ポイントだったりもしたようですが、最近は5万ポイントという情報をみかけますね。

これは、年会費の上昇にともない、引き止めのためのポイントも上昇したものと考えられます。

解約しようとすると、引き止めは必ずされるのでしょうか??

私は、引き止められませんでした。

つまり、必ずしも引き止められるわけではありません。

引き止めの条件は不明ですが、わたしはカード利用の期間が1年ちょっとと短いものの、メインカードとして毎月10万円以上はSPGアメックスカードを利用していました。

なおかつ、複数のクレジットカードを長年併用してきているので、クレジットヒストリーとしては決して悪くないのではないかと思っています。

ただ、SPGアメックスの解約連絡をしたころは楽天カードをメインカードに戻していたので、直近2か月ぐらいの利用はかなり少なくなっていました。

いずれにしても、解約の電話をしても普通に受け付けられて、うっかりそのまま解約しそうになりました。

しかし、踏みとどまりました。

それは、オペレーターの方と話している中で、以下の内容が判明したからです。

  • 途中で解約しても、既に支払った年会費は全く返金されない
  • つまり次の年会費が来る少し前に解約したほうがお得

解約しても年会費が全く返金されない点は、以前自分でも確認していたのですが、このとき完全に忘れていました・・・

解約じゃなくても引き止めされる!

上記の経緯があり、一旦解約は考え直すことにしました。

そして考え直す間に、自分自身が以前書いた「SPGアメックスカードをもう1年延命させる方法」という記事の存在を思い出したのです。

詳しい内容はこの記事をご参照いただくとして、本来はカードのダウングレードをうまく使う必要があり、解約はそもそも悪手でした。

ということで、解約連絡から何日か経ったある日、カードのダウングレードをするため、アメックスの窓口に電話をしたのでした。

その結果、

カードをダウングレードをするための電話の中、引き止めの提案がありました。

提案内容は、ダウングレードせずプレミアムカードの利用を継続した場合、50,000ポイント付与というものでした。

もともと解約も視野に入っていたわけですが、年会費相当分のポイントが付与されるのは悪い話ではありません。

カードによる年会費の違いは以下です。

プレミアムカード:年会費49,500円(税込)
ノーマルカード:年会費23,100円(税込)

このままノーマルカードにダウングレードすると、年会費が下がるとはいえ、それは2万円以上と決して安くありません。

また、ノーマルカードになると還元率も下がってしまいます。

ということから、わたしはこの提案を受け入れてプレミアムカードの利用を継続することにしました。

まとめ

SPGアメックスカードが”Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード”に切り替わったことで、カード利用の継続を迷われている場合、一旦次の手順を踏んでみることが推奨されます。

  1. 解約の電話をする。引き止められたらそこで提案を受け入れ解約を中止する。引き止めれらなかったら、解約を保留し終話。
  2. 後日、ノーマルカードへのダウングレードの電話をする。引き止められたらそこで提案を受け入れダウングレードを保留する。引き止められなかったらカードをダウングレードする。
  3. 次の年会費が発生する前のタイミングで、カードの継続利用か解約かを再度検討する。

わたしは、これによって”Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード”を当初の予定より延長して利用することになりました。

関連記事:SPGアメックスカードをもう1年延命させる方法

関連記事:SPGアメックスのポイントが消失したと思ったら?

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA