開始から9週間でマイメイトの運用を中止

AIのエージェントによる取引で話題のマイメイトを開始して9週間がたちましたが、ついに運用の終了を決断しました!

開始した当時の記事はこちらですが、思った以上にやめるに至るのが早かった・・

今回は、なぜ運用をやめる決断に至ったのかをまとめます。

マイメイトを始めてから9週間の状況

証拠金はもともと60万円ありましたが、マイメイト撤退も考慮しエージェントの稼働数を下げていたことで、証拠金にはかなり余裕がありました。

少なくとも今週前半の段階ではマイメイトによる運用縮小の考えでしたから、30万円を出金しました。

そのため、マイメイトに拠出している証拠金は30万円です。

この週の結果は以下のようになっており、実現損益と評価損益の合計は、通算で-109,318です。

前の週が-81,447円でしたから、この1週間で赤字が再び拡大してしまいました。

かなり久しぶりにエージェントがまともな取引をしだしたので、このままもう少し様子を見るはずだったんです。

それも、昨日の”財務省による為替介入があるまでは”だったんですけどね。

この1週間で変更を加えたこと

この1週間で変更を加えたのは以下1点です。

  • エージェントを全て稼働停止

エージェントが持っているポジションはそのままにしているので、現在は以下の状況です。

エージェントは全て日本円が絡む通貨ペアに対して買いのポジションを持っていました。

米国の利上げで円高基調はまだ続くだろうから、まあいいんじゃないと思っていたところ、思いのほかはやく財務省が為替介入を実施し、5円ほど一気に円高になりました。

それにより、プラスになっていた評価損益が、一気に大幅赤字に転落してしまったのです。

私としては、このまま置いておけばある程度円安方向に戻ってきてこの赤字はなくなるか少なくできると踏んでいますが、これまでのエージェントの動きを見ていると”ほぼ間違いなく損切りする”とみています。

この1か月ぐらいエージェントの動きをあまり信頼できていないですし、そもそもこうやってエージェントの稼働・停止の判断を都度しているようだったら自分が直接取引しているのとかわりません。(むしろAgentが介在しているだけやりづらいとも言える)

ということで、エージェントの稼働は全て止め、マイメイトによる取引を終了することにしました。

結果、10万円前後の損失となってしまいましたが、仕方ありません。

それによってよい経験を積むことができました。

今後の方向性

エージェントの稼働は止めましたが、ポジションは残っています。

これをもってマイメイトによる資金運用はやめることにしますが、今後やることは以下です。

  • 残ったポジションを中止し、プラスに転じたら売る。(相場の状況によってはどこかで損切り)
  • 自分で作成したエージェント、「猫システム」「猫システムII」は、気が向いたら育成だけは続けてみる。

開始当初こそ好調だったものの、このところずっとやること全てが裏目にでていたマイメイトでした。

なんとか持ち直すかな?と少し期待をしていたところの為替介入が決定打となり、9週間めをもってやめることになりました。

前週からマイメイトの運用を辞めることを検討していましたが、為替介入はある意味それを後押ししてくれたわけで、これ以上損失を拡大させずに済んでよかったのかもしれません。

これまでの私のマイメイト運用記録はこちらから参照いただけます。

マイメイト

関連記事:マイメイトを始めてから8週間の状況

関連記事:収益が2か月連続で10万円超えのトラリピ

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA