不労所得・鈴のトラリピ設定を試してから47週間の状況

世間では引き続きあわただしい1週間だったと思いますが、この1週間のトラリピ運用は引き続きいたって平穏でした。

今週も、直近1週間のトラリピの運用状況について共有いたします。

トラリピ開始後47週間の状況

現時点での、トラリピを開始してからこれまでの47週間のあいだに確定した総利益は570,205円です。

46週目時点での確定した総利益は 549,210円でしたから、ここ直近1週間の利益は20,995円です。

この週も、ここ最近の平均的な収益である2万円を確保しています。

利益が確定していないポジションの、各通貨ペアの評価損益は以下のとおりです。

通貨ペア評価損益
ユーロ/円-178,521
ユーロ/英ポンド-35,526
豪ドル/円-125,193
豪ドル/米ドル-72,413
豪ドル/NZドル-194,359
NZドル/円-69,949
NZドル/米ドル–68,037
加ドル/円-153,094

また、証拠金維持率:269% 実質レバレッジ:9.27倍となりました。

日本円に絡む通貨ペアでプラスの決済がぼちぼち発生しましたが、この週は豪ドル/NZドルによる利益が大半でした。

それによって豪ドル/NZドルの評価損失は4万円ほど減りましたが、他の通貨ペアは全般的に評価損が低下しています。

評価損があるポジションは将来的に利益に転ずることを見越しているので、評価損の増加はそれほど気にしていません。

この1週間で変更を加えたこと

「豪ドル/NZドル」「ユーロ/英ポンド」の2つの通貨ペアに注力することにしましたので、さっそくこの2つの設定を増やしました。

設定変更1:

既存の「ユーロ/英ポンド」の売り設定の本数を増やしました。

注文レンジ:0.80891 ~ 0.94400
利益値幅:0.007
本数:80本(変更前)→100本(変更後)

前週に40本から80本に増やしたばかりですが、最大値の100本にしてしまいました。

設定変更2:

既存の「豪ドル/NZドル」の売り設定の本数を増やしました。

注文レンジ:1.07060 ~ 1.13000
利益値幅:0.006(変更前)→0.007(変更後)
本数:40本(変更前)→100本(変更後)

これも最大値の100本にしてしまいました。

また、これを機に利益値幅も変更しました。

これらの本数の増加をするにあたって証拠金が不足してしまったので、10万円を追加し、これまでに拠出した証拠金の合計は350万円となりました。

今回、注文のための証拠金が不足している状況で設定変更を行ってしまい、設定がうまく変更できませんでした。

本数変更などをともなう通貨ペアの設定変更を行う場合、トラリピのシステム上、「既存の設定をキャンセル」→「新しい設定を追加」という動きになります。

「既存の設定をキャンセル」となったあと、今回は「新しい設定を追加」がされませんでした。

つまり、設定が単に消えてしまったのです。

なぜだろう?と思いながらも、新規に設定を作り直そうとしたら、証拠金不足のエラーが表示されました。

証拠金が足りない設定値の変更を行おうとした場合、その時点では証拠金不足のアラートがでません。

そのまま設定変更を続行すると、「新しい設定を追加」の段階で証拠金不足が発覚して内部的にエラーとなり、設定は追加されないという結果になってしまいます。

画面をよく見ていないと、設定が単に消えてしまったという状況にも気づかないかもしれません。

設定変更に失敗したことに気づいたら新規に設定を追加すればいいだけの話ではありますが、うっかりしているとその状況に気づきませんし、新規に設定値を全部入れなおすのは少々手間でもあるので、今後システムが改善されるとうれしい部分ではあります。

今後の方向性

前週と変わらず、引き続き以下を実施予定です。

  • 「豪ドル/NZドル」以外の利益値幅を調整する。※特に「ユーロ/英ポンド」
  • 様子をみてまた預託証拠金を増やし、「豪ドル/NZドル」の通貨ペアの設定を追加する。
  • 評価損益の状況を注視し、必要に応じて預託証拠金を積み増す。
  • 状況によっては、「豪ドル/NZドル」以外の通貨ペアのトラリピ設定を減らす。
  • 「米ドル/カナダドル」の通貨ペアを追加を検討。

引き続き「豪ドル/NZドル」「ユーロ/英ポンド」の2つに注力していく方向性で、証拠金の追加と通貨ペアの設定追加をより早いペースで進めていきます。

よりこの2つの通貨ペアに設定を集中させたほうが効率よく資金をまわせそうなので、通貨ペアの削減も早めに実施するかもしれません。

マネースクエア

関連記事:ブラック企業早期脱出仕様のトラリピ設定を目指す

関連記事:会社組織にとらわれないキャリアアップを考える

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA