不労所得・鈴のトラリピ設定を試してから35週間の状況

この1週間はさらに円安が進み、一時期、1米ドル130円に迫る勢いでした。

後半になって再び円安がひと段落してきましたが、まだまだ今後の為替相場の動きから目が離せませんね。

今週も、直近1週間のトラリピの運用状況について共有いたします。

トラリピ開始後35週間の状況

現時点での、トラリピを開始してからこれまでの35週間のあいだに確定した総利益は283,044円です。

34週目時点での確定した総利益は 274,085円でしたから、ここ直近1週間の利益は8,959円です。

週の中頃までは、どの通貨ペアにおいてもプラスの決済が全く発生していませんでした。

そのため、この週は、ひさびさの利益なしも覚悟していました。

しかし、4/21以降に豪ドル/円などの円がからむ通貨ペアが反転しはじめ、つづいて、豪ドル/NZドルの通貨ペアもチャートが反転しはじめたことで、ばたばたと1万円近い利益がでました。

利益が確定していないポジションの、各通貨ペアの評価損益は以下のとおりです。

通貨ペア評価損益
ユーロ/円-172,048
ユーロ/英ポンド-15,906
豪ドル/円-103,182
豪ドル/米ドル-15,934
豪ドル/NZドル-72,776
NZドル/円-66,377
NZドル/米ドル–13,508
加ドル/円-38,211

また、証拠金維持率:397% 実質レバレッジ:6.29倍となりました。

この週の前半は、引き続き急激に円安が進み、米ドル/円の為替レートが一時1ドル130円に迫る勢いでした。

そして、米ドル以外の円との通貨ペアも同様に円安が加速していたことから、一時期、証拠金維持率が300%を割りそうになりました。

が、若干の設定変更と後半のまとまったプラス決済により、397%まで証拠金維持率が戻りました。

この1週間で変更を加えたこと

ユーロ/円の通貨ペアは、売り・買いそれぞれ2セットづつトラリピ設定をしていたのですが、以下の理由から、設定を売り・買い1セットに減らしました。

  • マイナスポジションが増加して証拠金維持率が300%を割り込みそうになった。
  • ユーロ/円の評価損が、他の通貨ペアと比べて極端に増えてきた。
  • 日本円がからむ通貨ペアを4つ運用しているので、日本円の通貨ペアで運用する偏りを減らしたい。

結果として、設定を変えたあとに円安がひと段落してチャートが反転しはじめたこともあり、証拠金維持率が大幅に改善しました。

また、今回このようにトラリピ設定を1つ設定解除したのにはもうひとつ理由がありました。

これは半分迷信みたいなものですが、株取引では「買った直後に株が下がる」「売った直後に株が上がる」といった法則?があります。

私は、先週はトラリピでもこの法則が発動するような気がして、上記の理由もあり1セット設定を減らしてみました。

結果、見事に「トラリピから少し撤退とたん、プラス決済が増加」という期待した結果になってしまいました。

今後の方向性

ほぼ前週と変わっていませんが、引き続き以下を実施予定です。

  • 「豪ドル/NZドル」以外の利益値幅を調整する。
  • 様子をみてまた預託証拠金を増やし、「豪ドル/NZドル」の通貨ペアの設定を追加する。
  • 評価損益の状況を注視し、必要に応じて預託証拠金を積み増す。
  • 状況によっては、「豪ドル/NZドル」以外の通貨ペアのトラリピ設定を減らす。

利益値幅の調整は、あいかわらずまだ実施していません。

私のスタンスはかわらず、今は将来の利益となるポジションをためこむ期間だと思っているので、基本は既存の設定でじっと耐えます。

ある程度落ち着いてきたら、「豪ドル/NZドル」の通貨ペアの設定をより増やしていきたいですね。

ちなみに4月21日から、新規口座開設でトラリピくんぬいぐるみがもらえるキャンペーンがはじまりました。

このぬいぐるみ、以前は取引で貯めたポイントで交換できたんですが、私がトラリピを始めて以降、ポイントの交換商品リストから見当たらなくなってしまったんですよね。

わたしもこれ欲しかった。。

マネースクエア

関連記事:ブラック企業早期脱出仕様のトラリピ設定を目指す

関連記事:コロナ禍で大きく得した株の事例

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA