不労所得・鈴のトラリピ設定を試してから31週間の状況

この1週間は、さらに一段と進んだ円安の影響が直撃した週となりました。

ぎりぎりの資金でレバレッジをかけまくっていた場合、こういった局面で破綻するのだろうなということを、よく理解することができました。

また週間利益はまた2万円には届かなかったものの、15,000円は確保でき、十分な結果でした。

今週も、直近1週間のトラリピの運用状況について共有いたします。

トラリピ開始後31週間の状況

現時点での、トラリピを開始してからこれまでの31週間のあいだに確定した総利益は221,800円です。

30週目時点での確定した総利益は 206,053円でしたから、ここ直近1週間の利益は15,747円です。

一時期2万円に迫っていた週間利益からは遠ざかりましたが、引き続き毎週1万円は安定して稼げています。

利益が確定していないポジションの、各通貨ペアの評価損益は以下のとおりです。

通貨ペア評価損益
ユーロ/円-73,202
ユーロ/英ポンド-5,197
豪ドル/円-82,214
豪ドル/米ドル379
豪ドル/NZドル-16,669
NZドル/円-61,213
NZドル/米ドル–10
加ドル/円-6,893

また、証拠金維持率:624% 実質レバレッジ:4.01倍となりました。

目立つのは、日本円がからむ通貨ペアの含み損が大幅に増加していることです。

先週は米ドル/円の為替相場でさらに円安が進み、1ドル120円を超えました。

米ドル/円の通貨ペアの運用を私は行っていないません。

しかし、米ドル/円で円安が進むことで他の通貨と円との通貨ペアでも円安が進むことは十分想定され、実際そのように相場が動きました。

結果として、見事に日本円がからむ全ての通貨ペアの含み損が大幅に増加しています。

その結果、証拠金維持率は、私が安全水域の目安としている700%を割り込む状況となりました。

この1週間で変更を加えたこと

この1週間は、以下の変更を加えました。

  • 預託証拠金に40万円を追加し、出したお金は合計で260万円になった。

31週目は、トラリピを開始して以降、含み損増加のペースが最も早い週でした。

その原因は、止まらない円安です。

証拠金維持率が700%を割ったあと、10万円を4回にわたって証拠金に積み増しましたが、ついに700%を回復することはありませんでした。

従来までは、10万円を追加すれば証拠金維持率は+100%ぐらいにはなっており、証拠金維持率700%確保は比較的簡単でした。

しかし、運用している通貨ペアやポジションが増えてきたことと、含み損増加のペースが速かったことで、前週は資金を追加しても証拠金維持率の回復がなかなか追いつきませんでした。

ひとまず、一時期500%台にまで下がったものが、合計40万円の追加によって600%台の証拠金維持率まで戻りました。

関連記事:ブラック企業早期脱出仕様のトラリピ設定を目指す

今後の方向性

前週から少し内容に変更があり、以下を実施予定です。

  • 「豪ドル/NZドル」以外の利益値幅を調整する。
  • 様子をみてまた預託証拠金を増やし、「豪ドル/NZドル」の通貨ペアの設定を追加する。
  • 評価損益の状況を注視し、必要に応じて預託証拠金を積み増す。

利益値幅の調整は、先々週に引き続きまだ実施していません。

この1週間は含み損の増え方がかなりハイペースでしたので、一旦既存の設定で守りに入ります。

この局面でいったんマイナスポジションを貯めこんでいれば、近い将来相場が反転し一気に利益に繋がるでしょうから、ここが頑張りどきです。

余剰資金が沢山あればむしろもう一歩攻めたいところですが、そこまでの資金はないし、危険は冒しません。

過去の米ドル/円の相場を見ると、2015年と2007年あたりに120円台に到達しています。

そこからいくと、だいたい7年周期で120円台になっているといえ、現在の2022年もまさにそれにあたります。

この過去の流れからいくと、もう少ししたらまた円高基調にもどることが十分考えられます。

一方で、年初から大幅に下がっていた株価のほうは米国株・日本株ともにかなり回復していますので、今のうちに株と投資信託は少し売って、トラリピの証拠金積み増しに備えます。

結論として、私は、慌てずさわがずこの局面でトラリピのポジションを貯めこんでいきます。

マネースクエア

関連記事:資産運用でやりがちな失敗と学び

関連記事:今の生活を変えるにはとりあえずやってみるしかない

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

不労所得・鈴のトラリピ設定を試してから31週間の状況” に対して2件のコメントがあります。

  1. nk より:

    はじめまして。
    トラリピを始めたいので大変興味深く拝読させて頂きました。今後も投稿を楽しみにしておりますのでよろしくお願いします。

    1. 猫男 より:

      nkさん、はじめして。コメントありがとうございます!
      私の経験したことがいくらかでも参考になるようでしたらうれしいです。
      引き続き投稿は続けていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA