預金金利が100倍お得なために、家族に怒られる?

先日、地方銀行の預金利率と比べて、楽天銀行のほうが100倍高いよ~という話を妻にしたところ、「100倍っておかしいでしょ!」「そんなわけないでしょ!それで実際はどれぐらいなのよ?」と若干切れ気味に怒られました。

現金至上主義・貯金至上主義・現物至上主義といったらいいのかわかりませんが、こういった方に、今の時代のお得なものを布教?させるのは、本当に難しいです。

まあ、他人でしたら別にどうぞご自由にという話なのですが、家族は生活費を共にする運命共同体ですから、はいそうですかというわけにはいきません。

お金に関する意識が異なる家族と、なんとか折り合いを付けながらお得生活を追求している方も多いのではないかと思います。

今回は、そういった状況にある人のヒントになればということで、私の体験談を共有してみたと思います。

家庭の資産運用は運用する気のある人が主導権を握ろう

結婚前からよく言われていたことは

家計は一本化し、お金は妻がやりくりする

ということでした。

しかし、妻は、現金至上主義・貯金至上主義・現物至上主義(注:私が勝手に定義した主義です)の典型でしたから、「店舗のある銀行にお金を貯金」「カード払いは悪」といった考えがベースにありました。

どう考えてもお金は増えません。

では、お金はそんなにいらないのか?というと、妻は私の会社員としての稼ぎには常々不満を持っています。

かといって私は会社員としてあまりうまく立ち回ることができず、これ以上給与の大幅な上昇が見込めませんから、窮地にたたされます。

ですから私は、「要求を無視して、自分が勝手に資産運用する」「利益をちゃんと妻に供与する」という方式を取りました。

こうして少しづづ理解を得てきた

妻に資産運用の重要性を理解してもらうためにもっともわかりやすかったのが、「マイルを貯めて、無料または安く一緒に旅行に行く」でした。

10年以上も昔は、いまより数倍航空会社のマイルが貯めやすかったですし、「旅行に行く」というのは実体験を伴いますから、どれだけメリットがあるのかわかりやすいですよね。

厳密にはマイルが資産運用と言えるのかどうかはちょっと怪しいですが、まあ資産運用への入り口ですよね。

他のパターンでは、「全部ポイントで、シャインマスカットを買ったよ~」とか、「株でちょっと儲かったから小遣いどうぞ~」などもよいでしょう。

とにかく、反対があろうが勝手に始めて、家族にはしっかり利益供与することが大事です。

家族の反対をどうにかまるめこんでから資産運用を始めようと思ったら、いつまで経っても開始できません。

こうして、夫は資産運用を常にやるという既成事実ができあがり、文句も言われなくなります。

家族もついに資産運用開始!

去年は株価も好調で、株や投資信託をやっている人々はそれなりに儲かったと思います。

ここ最近は非常に雲行きが怪しいですけど、まあこんなことは常にありますから必要以上に慌ててもしょうがありません。

我が家では、妻は自分自身の定期預金と箪笥預金があったので、前々からそれを「一部は投資信託にしたら?」「せめて金利が高いネット銀行に移したら?」と提案していたのですが、却下され続けていました。

自分の資産運用を認めてもらうことまではなんとかできても、それを家族自身に広げるのは本当に難しいです。

資産運用を始めない理由3つ

  • よくわからない
  • 損するかもしれない
  • 変更するのが面倒

この3つが立ちはだかり、なかなか前に進みません。

これはもう、いくら説明しても無駄なので、利益供与をしつつ、本人が自主的に興味をもつのを待つしかありません。

我が家では、10年以上の歳月を経て、妻がついに投資信託を始めることになりました。

あらためて最近資産運用をお勧めしたわけでもないので、長い時を経てやっと心変わりがみられたという状況です。

こういう時は、気が変わらないうちにことを進めないといけませんから、早速、「楽天証券」の口座開設を提案し、このたび開設に至りました。

楽天証券+楽天銀行にした決め手

  • 楽天証券と楽天銀行の口座を持ってマネーブリッジ(証券連携)をすれば、楽天銀行の預金利率が100倍になる。
  • もともと楽天カードを利用しているので、楽天カードで投資信託を買えばポイントも得られる。

このような理由により、決まりました。

投資信託で資産運用できるだけじゃなくて、普通預金の利率も上がりますから、一石二鳥です。

利率が100倍っておかしいでしょ!!

楽天証券と楽天銀行の口座を開設しただけでは、利率が上がりません。

マネーブリッジという、口座連携の設定が必要なんですね。

設定と言っても、何回かクリックして申し込みをするだけですから、簡単です。

楽天証券と楽天銀行の利用方法を妻に説明するにあたり、以下のようなやりとりが発生しました。

マネーブリッジっていうやつを設定すると金利があがるからそれやっとくね~

それっていくら上がるの?

100倍だよ~

100倍っておかしいでしょ!!

結論としては、おかしくありません・・

一般的な銀行の「年利率:0.001%」が、楽天銀行のマネーブリッジ適用時は「年利率:0.1%」だから、事実100倍なんですよね。

妻にも、本当に100倍だということがわかってもらえたので、なにも考えずにお金をほったらかしておくことがいかにもったいないのかということを、これまで以上に理解してもらえたようです。

関連記事:「ポイントを貯めて増やす時代」へ。ポイント投資のまとめ。

関連記事:楽天プレミアムカードの年会費の元が取れるかを検証する

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA