不労所得・鈴のトラリピ設定を試してから11週間の状況

不労所得を生み出すための資産運用のひとつとして試しはじめたマネースクエアのトラリピですが、金額はまだ大きくないものの、安定して毎週利益があがるようになってきました。

現在の設定に関してはブラック企業早期脱出仕様のトラリピ設定を目指すに記載しておりますが、開始から11週目の運用状況を共有いたします。

トラリピ開始後11週間の状況

現時点での、トラリピを開始してからこれまでの11週間のあいだに確定した総利益は20,594円です。

10週目時点での確定した総利益は 18,058円でしたから、ここ直近1週間の利益は2,536円です。

前週10週目の利益が3,841円でしたから、 11週目の利益はそれよりも少し減です。

とはいえ、安定的に決済が発生し、このところ毎週利益がでている状況です。

利益が確定していないポジションの、各通貨ペアの評価損益は以下のとおりです。

通貨ペア評価損益
ユーロ/円-2,274
ユーロ/英ポンド-8,207
豪ドル/NZドル-13,045
NZドル/円-9,864
NZドル/米ドル–542
加ドル/円-1,927

前週よりも含み損は拡大していますが、各通貨ペアに適度に分散していると言えます。

投資資金は130万円から変わらずで、トラリピ設定の変更も行ってません。

今後の方向性

証拠金維持率は1,034%と徐々に低下してきていますが、まだ1,000%を超えているので資金の追加は行いません。

ひきつづき、相場が動いて、これまで増えたポジションが決済されていくのを待ちたいと思います。

当面は安定的に毎週5,000円の利益を生み出せるようにすることを目標にするのは変わりませんが、そのために何をするのか?

ここはあせらず、現状はまず既存のポジションがある程度決済されて利益になるのを待ち、その後になにかしら次の手を打ってみる予定です。

また、先日、IPO株がうまく活用できない理由とその対策の記事にも記載したとおり、IPO株にも少し本腰を入れてみることにした。

そのため、既存の投資資金はトラリピに追加で投入することはせず、一旦IPO用に温存しておきます。

「IPO株を購入することができて、それによって利益が出た場合」、または「全くIPO株が当たらずにIPO株購入資金が役立てられない場合」には、その資金をまたトラリピに追加しようかとも考えています。

マネースクエア

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA