IPO株がうまく活用できない理由とその対策

IPO株、いわゆる新規上場株式も、資産運用をしていると間違いなく見かけることになるワードです。

IPO株については、やさしいIPO株のはじめ方というサイトが大変わかりやすく、利用されている方も多いのではないかと思います。

IPO株の魅力は、このサイトで説明されている言葉をそのまま借りますと、「上場する前に株を手に入れて、上場日に売る」だけで儲かるということです。

もちろん、値下がりして損をすることもありますが、購入対象の会社は自分で選べるわけですから、自分の判断でその損失のリスクは減らすことができます。

なおかつ、上場後の株価の上昇率が100%・200%などという会社も結構ざらにあります。

このIPO株、一見すごくよさそうなわけですが、わたくし猫男は全く有効に活用できていません。株取引の経験自体は10年以上あるにもかかわらず・・・

この記事では、私がなぜIPO株を有効に活用できていないのか?また、IPO株を活用するためにどうすればよいのか?といった点をまとめます。

IPOについて興味を持っている方は参考にしていただければと思います。

IPO株をなぜうまく活用できないのか?

IPO株は、 「上場する前に株を手に入れて、上場日に売る」 ということをすればよいだけなのですが、なかなか抽選に当たりません

IPO株を活用できない根本的な問題は、これに尽きます。

事実、私はこれまで一度も当選したことがありません。

値下がりするIPO株を買ってしまった・・・などの問題は、そもそも上場前の株を購入できたからこその問題です。

上場前の株を買う権利は、申し込みをしたうえで、抽選であたります。しかし、それがまあなかなか当たりません。

さらに「抽選申込期間」「抽選に当たったあとの購入申し込み期間」が非常に短いという問題もあります。

どちらも、数日から1週間程度しかありませんから、ぼんやりしているとあっというまにその期間が過ぎてしまいます。

ですから、私も、抽選申込をしようと思っていた会社の申し込み期間をうっかり過ぎてしまったことなど沢山ありますし、しまいには”どうせ申し込んでも当たらないし”というマインドになってしまい、どんどんIPO株への取り組みが疎かになってしまっている始末です。

しかし、わたし個人に関して言いますと、このところトラリピという新しい資産運用をはじめたことがきっかけになり、その他の資産運用も見直そうという機運がやってきたことから、IPOに関して少しまじめに取り組んでみることにしました。

IPO株を当てて資産を増やすためには

では、IPO株の購入権を当てるためにはどのようにすべきなのでしょうか。

これに対する答えは明快です。

問題は以下の2点でした。

  • なかなか抽選に当たらない
  • 「抽選申込期間」「抽選に当たったあとの購入申し込み期間」が非常に短い

つまり、この2つの問題に対して対策を講じればよいのですが、その対策も明確な答えがあります。

答え自体は昔からあるのですが、わたし自身に関して言えば、わかっているだけで実行していない、典型的なダメパターンです。

ここにその答えを書くことによって、わたし自身間違いなくこれを実行するという戒めにする所存です。

なかなか抽選に当たらない

対策は、複数の証券口座から抽選に申し込むことです。

IPO当選の目的を達成することだけを考えれば、可能な限り沢山の口座を開くのが望ましいです。

しかし、日中は会社員として働き、働いていない時間を使って複数の資産運用に励んでいるような私のような一般市民にとって、沢山の証券会社の口座とIPOの情報を常に管理していくのはかなり大変です。

ですから、ここは無理のない範囲で増やしていきます。

私はもともと楽天証券SBI証券を使っており、この2口座から申し込むのは当然として、それに加えて、大和証券のConnectを使うことにしました。

Connectについては、もともとセゾンカードの永久不滅ポイントとPontaポイントを株式に交換する目的で口座を開設したのですが、IPOに当たりやすいという話は以前から言われておりますので、これを機会にIPO株用としても活用していくことに決定しました。

※Connectに関しては、永久不滅ポイントとPontaポイントを最強形態にするにはや、「ポイントを貯めて増やす時代」へ。ポイント投資のまとめ。などの記事もございます。

※わたくし猫男はとりあえずこの3口座だけで当面取り組みますが、私のようにいろいろなものに手をだすつもりがなく、IPO株をメインでやっていくぞ!という気概のある方は、可能な限り沢山口座をつくるとよいでしょう。私は口座を持っていませんが、GMOクリック証券なども当たりやすいと言われています。

「抽選申込期間」「抽選に当たったあとの購入申し込み期間」が非常に短い

これに関しては、リマインダー設定です。

以前から、Googleカレンダーとかにセットしておけば見逃さないよな・・などとうっすら思っていましたが、こういうものって絶対アプリがありますよね。

調べてみたところ、案の定複数のアプリが存在したのですが、私が以前から参照している やさしいIPO株のはじめ方でもアプリを提供していました。

アプリからこのサイトの記事も読めますし、希望するIPO株のリマインダー設定もあわせてアプリからできるというものだったので、早速これをインストールし、使い始めました。

今後、狙いを定めたIPO株はこのアプリで申し込み期間のリマインダー設定を行います。

まとめ

IPO株を活用するための方法は特に難しくなく、またIPO株投資を行うリスクも自分自身の事前のリサーチと判断で低減できると言えます。

しかし、私のように資産運用の情報に目がない人間ですら、その活用を十分にできていないものです。

せっかく誰もが活用できるIPO株ですから、資産運用の選択肢として十分検討し、活用していきたいですね。

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA