楽天バリアブルカードのキャンペーンにやる気を感じられない謎

楽天バリアブルカードというものがあります。いわゆるPOSAカードと言われるもののひとつで、コンビニなどで販売されている楽天ポイントの金券です。

つまり、楽天ポイントを購入できるカードなのですが、このバリアブルカードは、金額が指定されておらず、1,500円~50,000円の間で購入額を自由に決められることが特徴です。

この楽天バリアブルカード、最近でこそ開催が激減しましたが、昔から還元率が10%程度のキャンペーンをよく実施しており、ポイント愛好家にはよく知られたカードです。

そんな楽天バリアブルカードですが、久しぶりに、2021年9月20日(月)〜10月3日(日)の間にポイントバックキャンペーンを実施していました。

内容としては、”セブン-イレブンで10,000円以上の楽天バリアブルカードを購入・チャージすると、楽天ポイント711万円分を山分けで付与する”というものです。

私がこのキャンペーンを知ったのは、もうとっくにキャンペーンも終了した昨日でした。

この楽天バリアブルカードのキャンペーン、昔から一貫してキャンペーンの周知が弱すぎるため、”知った時には終わっていた”ということが本当によくあります。

キャンペーンを実施するくせにキャンペーンを周知する気が全く感じられない、この楽天バリアブルカードのキャンペーンについて今回は考えてみたいと思います。

楽天バリアブルカードのキャンペーンとは

まず、楽天バリアブルカードについての、楽天のオフィシャルなサイトの情報はこちらです。

キャンペーンも含め、楽天バリアブルカードのオフィシャルな情報はこれぐらいしかありません。

先日の、 2021年9月20日(月)〜10月3日(日) のキャンペーンはセブンイレブンで行われたのですが、「楽天」「セブンイレブン」ともに全くオフィシャルサイト上に情報がありません。

私は、 「楽天」「セブンイレブン」 ともにスマホにアプリを入れていますが、アプリ上にもこの楽天バリアブルカードのキャンペーン情報は全くありません。

このキャンペーンを知る情報は、「店頭」か「個人ウェブサイト・SNSからの情報発信」の2択です。

楽天バリアブルカードのキャンペーンは、過去の実績では「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」の各コンビニで順番に実施されています。

同時に実施されることはなく、あくまで順番でキャンペーンが行われています。

キャンペーンごとに内容は異なりますが、キャンペーン中に対象金額のカードを購入してアカウントに登録すると、最大で10%程度の楽天ポイントが追加でもらえるというなかなかお得なキャンペーンなのです。

しかし、QRコード決済が台頭しはじめたころから開催頻度が急激に減り始め、いまや風前の灯火です。

まとめますと、楽天バリアブルカードのキャンペーンは、ほとんど告知されないけど、大手三社のコンビニで実施される、楽天ポイントがお得にもらえるキャンペーンというわけです。

キャンペーン情報取得の困難さ

このキャンペーン、”会社がオフィシャルサイトなどのオンラインの場で情報提供しない”というのがかなり手ごわいです。

私は、楽天とセブンイレブン以外にも、ファミマとローソンのアプリもスマホにインストールして利用しています。

しかし、そこから”楽天バリアブルカードのキャンペーン”の情報は全く入ってきません。

過去を振り返っても、”店頭でたまたま知った”とか”個人ブログの情報でたまたま知った”といった経験ばかりです。

さらに、そのコンビニの店頭でも大々的に告知されているわけでもありません。

POSAカードコーナーにいってよく目を凝らすとそのキャンペーンの情報が載っている、ぐらいの代物です。

楽天バリアブルカードのキャンペーンをリアルタイムでキャッチするのは、「毎日のようにコンビニでチェック」「毎日のようにグーグルやSNSでチェック」ということが必用で、本当に困難です!!

キャンペーンの目的は達成できているのか?

一般的なキャンペーンの目的を考えると「楽天ポイントの利用促進」だと思われます。

また、キャンペーン対象のコンビニにより多く足を運ばせるための施策でもあるとも思います。

”コンビニに行かないとキャンペーン情報が手に入らない”ということを考えると、コンビニに行かせるためのキャンペーンという側面は強いのかもしれませんね。

ただ、多くても10,000円の10%還元ぐらいのキャンペーン情報を得るために、毎日コンビニにいって、なおかつPOSAカードコーナーをチェックする、ということにはなかなかならないと思います。

事実、ポイントにうるさい私ですら、そのような行動習慣になっておりません。

昔からの楽天ポイントをはじめとしたポイントユーザーの私からみても、キャンペーンの中途半端さが目につきます。

では、このキャンペーンはなんのためのキャンペーンなのか?

特に、20%前後のポイントバックがあたりまえのQRコード決済全盛期においては、最大でも10%ポイントバックの楽天バリアブルカードのキャンペーンはそんなに魅力的に映りません。

しかし、QRコード決済が登場する前には、この楽天バリアブルカードのキャンペーンは、かなり有力なキャンペーンでした。

その当時は、”楽天バリアブルカードのキャンペーンを、自分から取りに行こう”というやりがいもまだ感じられたのだと思います。

とはいえ、店頭でしか情報がなく、オフィシャルサイトに情報がないというのはやりすぎだと思いますけどね・・

昔は、キャンペーンによる楽天ポイントの利用促進やコンビニ集客の効果がそれなりに高かったのかもしれませんが、時代の移り変わりによってその役目を終えようとしているように思えます。

つまり、過去のキャンペーンの展開も微妙ではありましたが、それを通り過ぎ、今はオワコンに向かっているのではないかと思います。

フィジカルカードの向かう先

楽天バリアブルカードは、物理的なカードです。

それを店頭で購入し、シリアル番号を楽天アカウントに登録してポイントを得ることになります。

その後、物理的なカードは廃棄されます。

このポイントは、楽天グループでの買い物や、楽天ペイでの支払いなど、オンラインや店頭などの様々な場所で活用することができます。

つまり、その後は物理的なカードがなくてもポイントはまわっていきます。

この流れを考えた時、”物理的なクレジットカードがどうなっていくのか”が大変気になるところです。

物理的なカードといえばクレジットカードですよね。

QRコード決済が普及している現在においても”与信によってお金を前借して買い物する”ためにはクレジットカードが必要です。

QRコード決済では、あらかじめ必要な金額をチャージしてから支払うか、紐づけたクレジットカードを経由して支払うという2択になります。

つまり、その時点で手持ちのお金を使わずに支払いをする方法は、結局クレジットカードになります。

ということは、一見QRコード決済が、キャッシュレス決済の覇権を握っているかに見えますが、その裏ではまだまだクレジットカードの存在感は大きく、QRコード決済はまだクレジットカードの代替えにはなりえない、と言えるのではないでしょうか。

現在、クレジットカードでは、ナンバーレス化がトレンドになりつつあります。

カード上にはクレカ番号が記載されず、番号はスマホのアプリ上で確認できるといったものです。

これがさらに進化すると、そもそもカード自体が不要になり、クレジットカードの完全オンライン化ということに進むのではないかと、私個人としては考えています。

つまり、現状はQRコード決済が幅を利かせていますが、またクレジットカードが盛替えす余地が十分あるのではないかと。

さらに、クレジットカードの”タッチ決済限定キャンペーン”というのも最近よく見られます。

一部のクレジットカードは、カードをかざすことで支払いができます。

そのタッチ決済が対象となるキャンペーンもこの数年は特に目立つのですが、これは”タッチするだけで支払いができる電子マネーの利点をクレジットカードを持つ”という利便性を市民に知らしめるための施策だと思います。

これらから考えていくと、この先、クレジットカードが完全にカードレスになって、スマホをかざすだけで与信から支払いができて、なおかつ還元率も高かったら、それはもう、支払いはクレジットカードでいいですよね。

といったことを考えると、クレジットカードの巻き返しというのは今後いろいろな形でありえるのかなと考えています。

まとめ

少々話が脱線しましたが、結論としていえることは、楽天は、楽天バリアブルカードのキャンペーンに力を入れていないということではないでしょうか。

まあ、そんなのあたりまえですよね。申し訳ございません。

楽天としては、楽天ペイアプリの充実化を顕著に進めています。

その中で、物理的なカードというものをなくしていく方向に今後さらに進むのではないでしょうか。

事実、楽天ペイ対応店舗で支払いをする場合、私は楽天カードも楽天ポイントカードも使うことなく、楽天ペイを介して楽天カードや楽天ポイントで支払いすることができます。

楽天ポイントを購入するにしても、利便性を考えたらカードタイプではない形式が望ましいですね。

その点では、オンラインで、様々な形式で購入できるAmazonギフト券はよくできていると思います。

ポイントが売りの楽天が、この点でAmazonに大きく後れを取っているのはちょっと理解に苦しみます。(楽天ポイントに関しては、ポイントカテゴリの中でその他の記事を参照いただけます。)

最後に、そんな楽天の今後に期待しつつも、物理的なカードを必要とする、お得な楽天カードを以下に紹介してこの記事を終わります。



投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA