楽天プレミアムカードの年会費の元が取れるかを検証する

楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)で、4月に楽天ゴールドカードの改悪があり、楽天ユーザーの間ではかなり大きな話題になりました。これにより、楽天ゴールドカードの利用者は「ノーマル楽天カードへの変更」または「楽天プレミアムカードへの変更」のいずれかを選択せざるをえなくなりました。最近の楽天の改悪に対する対応の記事にも以前書いたのですが、私は年会費が2200円(税込み)から11000円(税込み)に大幅アップする 「 楽天ゴールドカードから楽天プレミアムカードへの変更」 を選択しました。

その後、4月の改悪から数か月にわたって楽天プレミアムカードを利用してきました。楽天プレミアムカードへの変更を決断するにあたっては、自分の過去の楽天市場の利用実績から考えると切り替えたほうがお得であるという判断を自分で下したのですが、現時点でその判断が正しかったのかを確認してみたいと思います。これにより、現在楽天プレミアムカードの利用を検討している方の判断材料になるようだと本望です。

楽天プレミアムカードは年会費の元がとれるのか?

楽天プレミアムカードは、楽天カード/楽天ゴールドカードに比べ、楽天市場での買い物に対して+2%のポイントがつきます。これを考慮すると、年間55万円以上楽天市場での買い物をするユーザーの場合は楽天プレミアムカードがお得であると言われています。また、 楽天プレミアムカードには3つの選べるサービスというものがあり、「楽天市場コース」を選択した場合には、毎週火曜日・木曜日のプレミアムカードデーは楽天市場でお買い物をするとポイント+1倍加算となります。これを最大限有効活用できれば、損益分岐点は年間36万円以上の楽天市場での買い物(月額換算で3万円以上)と言われています。

楽天プレミアムカードを最大限活用するには、プレミアムカードデーを以下にうまく利用するかが鍵となります。しかし、プレミアムカードデー以外にも、「5と0のつく日にポイント2倍」や「楽天イーグルス・ヴィッセル神戸 W勝利でポイント3倍」など様々なキャンペーンが存在します。つまり、火曜日・木曜日以外であってもポイントアップのキャンペーンは発生しますので、”火曜日・木曜日のプレミアムカードデーと、その他のポイントアップキャンペーンが重なる日”にいかに楽天市場で購入できるかという点も、 楽天プレミアムカードを検討するにあたって重要です。

これについては、毎回狙って最大の還元率を狙えるものでもないので、これまでどおり楽天市場を利用しているなかで、どれぐらいプレミアムカードデーの恩恵を自然にうけられるのか?というものを、実績から見て判断するしかないと考えます。

ということを踏まえ、私のここ3か月あまりの実績から、「おそらく今年も年間55万円以上(または条件下で36万円以上 )楽天市場で買い物をすると思うし、 楽天プレミアムカードにしておいたほうがお得じゃないか?」と考えてプレミアムカードに切り替えた人が、実際にプレミアムカードのお得の恩恵にあずかれそうなのか?を確認したいと思います。以下は現時点の私の楽天プレミアムカードによるポイント付与の実績です。

【SPUによる+2%】

楽天カード利用者特典 6月:  4,992ポイント ->  プレミアムカードによって上乗せされたのが3328ポイント

楽天カード利用者特典 5月:  795 ポイント  ->  プレミアムカードによって上乗せされたのが530ポイント

楽天カード利用者特典 4月:  2,451 ポイント  ->  プレミアムカードによって上乗せされたのが1634ポイント

合計すると5492ポイントです。月ごとにばらつきがありますが、一か月平均でいうと1831ポイントです。これを12か月と換算した場合、年間21972ポイント獲得となります。

【プレミアムカードデーによる+1%】

5月: 212ポイント

4月: 658ポイント

合計すると870ポイントです。 月ごとにばらつきがありますが、 一か月平均でいうと 435ポイントです。 これを12か月と換算した場合、年間 5220 ポイント獲得となります。

(プレミアムカードデーのポイント計上は2か月後となることから、6月利用分は現時点でまだ計上されていませんでした)

年会費は 11000円(税込み) ですが、プレミアムカードであることにより、3か月分の利用実績の時点で既に 5492ポイント + 870ポイント =6362ポイントを得ています。

これに加え、誕生日月の利用は+1という特典もありますし、ゴールドカードからプレミアムカードに切り替えることによるキャンペーンポイント(私の場合は5000ポイントでした。)もあります。

ということを踏まえると、切り替えキャンペーンのポイントを組み入れた場合、利用開始3か月にして今年度分は既にもとをもったと言えますし、切り替えキャンペーンを除外して考えたとしても、 年間21972ポイント程度はプレミアムカードの特典によって得られることが想定されます。 年会費は 11000円(税込み) ですから、私の利用実績からいうと10972円お得ですし、それに加えてプライオリティパスという世界148か国、600を超える都市にある1,300か所以上の空港ラウンジが利用できるサービスを無料で利用することができます。

つまり、楽天市場を日常的に利用している人は、楽天プレミアムカードを利用したほうが、単に年会費の元が取れるだけでなく、お得であるということが言えると思います。

楽天プレミアムカードの年会費 11000円(税込み) は一見すると高いです。 楽天ゴールドカードの年会費が2200円(税込み) ですから、実にその5倍になります。

しかし、支払った金額以上の見返りが確実にあることが明白なのであれば、それを利用しない手はありません。

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA