体形の維持に糖質ゼロビールを導入

ちょうど1年ほど前に、キリンが「キリン一番搾り 糖質ゼロ」の販売を開始しました。本日(2021/08/14)時点でのAmazonでの評価は★4.3で、決して悪い数字ではありません。しかし、コメントを見ると「まずい」といったような厳しめの内容が目立ちます。

【先着順!クーポン対象品】キリン 一番搾り 糖質ゼロ(350ml*24本入)【一番搾り】

価格:5,020円
(2021/10/7 19:26時点)
感想(8件)

私がこの糖質ゼロビールを初めて飲んだのは、株主優待でもらった今年の4月でした。(※株主優待のビールが届きました

歳をとってくると、若いときに比べて飲めるお酒の量も減ってきます。ですから、その少量のお酒はケチらず美味しいものを飲みたいものです。そういった考えから、発泡酒等の節約に走らず、あくまでビールを買っている方もいるのではないかと思います。私もそうです。

”どうせ飲むなら美味しく”という観点から考えると、糖質ゼロビールと普通のビールを比較したとき、どう考えても普通のビールのほうが美味しいであろうことが想像できます。

ですから、発売後長い間、私が自分でこの糖質ゼロビールを購入することはありませんでした。

という過程を経て、発売後半年以上たってから、株主優待でもらったことによって私もこの一番搾り糖質ゼロを飲んでみました。

飲んだ感想は「ライトなビール」の一言につきるかなと思いました。別にまずいということはないと思いますが、普通のビールとは別物とも言えます。普通の一番搾りなどのビールのアルコール分が5%のところ糖質ゼロは4%ですので、そもそもアルコールの分量も少ないです。それも全体的にライトに感じる理由かもしれません。

そこで、単に味だけを求めるのであれば引き続きふつうのビールを飲み続けるところなのですが、中年になり気になってくるのが、おなか周りのぜい肉を含めた、体重の増加、体形の崩れです。そんな中年の私の目をひいたのが、このビールのカロリーの低さでした。

この 「キリン一番搾り 糖質ゼロ」 は、カロリーが普通のビールの半分ぐらいなのです!

糖質ゼロビールと普通のビールの比較表

以下が、キリンが販売している主力ビール商品との比較表です。

品名種類100ml当たりのエネルギー(kcal)
キリンラガービール ビール41
キリン一番搾り生ビールビール40
キリン一番搾り 糖質ゼロビール23
本麒麟 350ml その他の醸造酒(発泡性)47
淡麗グリーンラベル 発泡酒28
キリン のどごし<生> 350ml 発泡酒37

ということで、このところまた体重が増加傾向であった私は、宅飲み生活の中に「キリン一番搾り 糖質ゼロ」を導入することにしたのでした。私がお酒を飲む日は通常ビールを2本飲みますが、「1本目は普通のビール」「2本目に糖質ゼロビール」という飲み方にしています。1本目はやはり、味を重視したい。

また、お酒は沢山飲んでいると、後半は正直味の違いはたいして重要ではなくなってきます。ということで、沢山飲むという場合には、後半に糖質ゼロビールを入れ込むと、アルコール量も少ないですし、カロリーも少ないので、翌日も安心ですね。

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA