自分は使えない人間なのか?

ブラック職場にはブラック上司がつきものです。ブラック上司はとにかく人を追い詰めて自分が上位に立つのが大好きです。

人間だれしも、得意な部分と不得意な部分があります。しかし、執拗にダメなところばかり攻撃してくる人はいるものです。私も残念ながらその標的となったことがありました。もちろん私自身にも駄目な部分はあるわけで、最初のころは「そこができてないのは確かだし、言われても仕方ないな」と思っていたのですが、だんだんその攻撃の異常性に気づいてきました。そういった人と一緒に仕事をしていると、自分は必要とされていない人間なのではないか?などと思えてきて落ち込んできますし、仕事もなにをどうやるのが正解なのかどんどんわからなくなってきます。しかし、それはまさにブラック職場・ブラック上司の罠にはまっているのです。その後ホワイト職場で同じように働くとそのことが明確にわかります。同じように仕事をやっていても返ってくる反応が全く違うのです。

ブラック上司が部下を追い詰める事例

以下は私がうけた事例です。

成果を決して認めない:例えば求められる具体的な数字があった場合、たとえそれを達成したとしても難癖をつけて認めない。「チームメンバーが頑張ったのであってあなたではない(じゃあなんでその目標が私にあるの?)」「それは大したことではない(と一刀両断し、こちらの言い分を聞かない)」等。

違う話にすり替える:あきらかにおかしな上司の指摘に対して論理的に反論しようとしても、微妙に話をずらしてきて、結果「あなたは〇〇ができていない」という話になにがなんでも決着させる。

矛盾する指摘:提出物に対して指摘を受けたので、その指摘に沿って修正し提出しなおしたら、「なぜこういう書き方なのか」という指摘をする。(いや、あなたが言ったんですけど・・・)一方、お気に入りの社員が同じような内容で提出したところ「いいね!」。

他人に厳しく自分に甘い:人が辞めたことで、私が2つの職務の仕事を担うことになった。そこであったやりとりが、「重要ではない仕事をいったん止めます→No」「チームメンバーに一部仕事をお願いします→No」「仕事を効率化します→それ」であった。私が会社を辞めることになり、私の仕事をその上司に全部引き継ごうとしたところ「私は仕事が多いから無理」との回答。

こういった事例に思い当たることはないでしょうか。こういった攻撃に対して、”自分に問題がある”と思ってしまっては相手の思うつぼです。冷静にこの状況を見た時、部下に適正な指導をしているとは言えないのは明らかです。とはいえ、なんとかしようとするだけ時間の無駄ですから、無駄な抵抗をせず早めに新しい仕事を探し始めるべきだと思います。

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA