ブラック企業を脱することで増える自分の時間

「人生の時間は有限」とよく言われます。またそのため、”隙間時間の活用” ”時間をお金で買う”など、使える時間を増やすための方法も様々なところで語られています。ブラック企業の特徴のひとつに”長時間労働”がありますが、これはまさにその有限な時間を食いつぶす最たるものです。

長時間労働をしている方で、以下のような生活パターンは多いのではないでしょうか。私もそうでした。

・平日は、働く->帰宅 -> 寝る -> 通勤 -> 働く の繰り返し。

・休日は、十分に寝る。そして必要な買い物などをする。

なにかおかしいですね。そう、自分のために使える時間がないのです!このような生活の中でも、例えば「通勤電車の中で本を読む」といったような隙間時間を作り出すことはできますが、そもそもこういった環境にいると時間を捻出できる余地があまりありません。

これがホワイト職場で働くようになるとどうなるかというと、

・平日は、「帰宅 -> 寝る」の間に沢山時間ができる。

・休日は、普通に寝るだけで体力が回復しすぐに動けるので活動時間が増える。

のようになります。つまり、「ブラック職場で隙間時間を使う人」より「ホワイト職場で隙間時間を使わない人」のほうが圧倒的に時間があります。

私がホワイト企業で働くようになってからなにができるようになったのかというと、

・ゆっくりテレビなども見ながらご飯を食べられるようになった。

・ゆっくりお風呂に入れるようになった。

・ゆっくり寝れるようになった。

・趣味の時間を持てるようになった。

・自己研鑽の時間も取りやすくなった。(もうこれにあまり時間を浪費したくないので、なにか学びたいなと思ったときだけやっています。)

などなどです。「ゆっくりできる」うえに「なにかをする時間」を持つことができます。

ブラック企業・職場で働きつつ、自分のための時間をなんとか捻出しようと頑張っている方は、まずは”ブラック企業・職場で働いている状態”から脱出するためにその限られた時間を使い、根本的な問題から解決されるとよいのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

猫男
猫男
ブラック企業から脱出しホワイト企業で働いているが、サラリーマン生活に限界を感じていることから、早期引退を目指している40代の男。猫を大切にしている。
また、ブラック職場で働く→脱出を2回経験している。働き始めた時はブラックではなかったが、会社組織や上司の変更などによりブラック化し、数年耐え忍ぶも無理で転職。現在の職場はホワイトだが、いつまたやってくるとも知れないブラック職場に脅えながらも、変わらない給料でもう少しましな生活ができるように工夫しながらゆるく生きていこうとしています。その過程で学んだ、ブラック企業からの脱出方法、お得に暮らす方法、早期引退を目指す過程などを公開していきます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA